スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エルフ手術

以前から、便の回数が多いとか、嘔吐・下痢が多いなとか、でもおもちゃや草を食べた直後だったから仕方ないのかな?とあまり心配には思っていなかったエルフのこれらの症状。

先日の旅行から戻ってきた時は、その回数の多さにまず、あれ?
食欲が落ちていき、むむ?

月曜日の夕方、先生に「嘔吐・下痢って何日くらい続くと良くないですか?」と聞くと、今晩も続くなら明日病院へとのこと。
食事はとりあえず、ドライフードはやめてささみを買ってきなさいと言われ、ゆがいて与えても、1切れ食べれないんです。
あのエルフが!

その晩は嘔吐はありませんでしたが、下痢便と食欲不振と元気もなくなってきたので、朝一番で病院へ

病院へ行く日の朝。(6月12日火曜日)
エルフと息子。
不安そうな目をしています。
1206161.jpg

その日は点滴を打って様子をみましょうと、お泊り。
翌朝(6月13日水曜日)電話ではだいぶ、落ち着きましたから、今日帰れるかも。なんてお話が少ししたら、「また嘔吐が始まったので、これはやっぱり、レントゲンでは見れない異物があるのかもしれない」とCT検査をし、開腹手術もあるかも。と・・・

え~。
でも、異物・・・
2年分のおもちゃや、クッションの綿や、あれやこれや、たまっているのかもしれない。
段々、(やっと?)私のせいで、エルフに辛い思いをさせて・・・
と悲しい?悔しい?申し訳ない?う~ん、なんだろう、いてもたってもいられなくなって、私の理想の飼い主さんである、3ワンのおかあさんにメールで泣きついて、返信もらって落ち着きました。

結局、CTでは異物は発見されなかったのですが、糸などは見えないからと、私の話をふまえてだと思うのですが、やっぱり開腹して、小腸、大腸、十二指腸など、触診でくまなく診ていただきました。
で、やっぱり異物はなし。
で、話は戻って、入院1日目からあった、ガスがまったく動かないでいたため、臓器の動きがばらばらに動くという、現象がおきて、腸が詰まる、麻痺性イレウスという診断名になりました。
腸閉塞の一種だと思います。


昨日、(6月15日金曜日)退院の許可がでましたのでお迎えに行ってきました。
おかえり、エルフ。
ひよりも本当は凄く心配していたみたいよ・・・
1206162.jpg

息子に傷口を見せるエルフ。

1206163.jpg

その後は好き好きタイム

1206164.jpg

で、すぐまったり・・・
でも、かたときも息子の側を離れませんでした。

1206165.jpg
原因は大きなくくりにはなりますが、ストレス。

先生もエルフは社交的で明るくってとっても良い子だけど、もしかしたら本当は凄くナイーブなのかもしれないね。
と・・・

飼い主の私も気づいてあげれなかった・・・
いつも元気で明るくて、人も犬も大好きで、車でおでかけも喜んでくれてるとしか思いもしなかった・・・

今朝(6月16日土曜日)のエルフ。
今まで、毛布はおもちゃだったエルフ。
今日はベッドと認識している様子。
まだ辛いんだろうな・・・

1206166.jpg

自分の飼いかたが正しいとは思ったことはないのですが、食欲・元気があり、社交性もあり、困らせられたり、悩まされたりしたことのない、本当に手のかからない次男です。
逆に私の方からもエルフに嫌なことをしてきたつもりもありません。
でも、それは一方的な私の解釈だったかもしれません。
これからは、エルフの気持ちも分かるようになりたいです。
なんか、それは長男(人間の)にも言える事だと思います。(後ろの散らかりっぷりは息子の物です。私がだらしないので私のせいです・・・お見苦しくてごめんなさい)

期待してるワン。
1206167.jpg

退院後、なんと、ドライフードでOKだそうで、これからしばらくはこのフードで、一日3回あげることになりました。
実は全身麻酔を受ける際、何度もやるのはエルフにも負担だからと、去勢手術をいずれするつもりなら、一緒にやりませんか?と言われ、エルフはもう元♂、ニューハーフ犬となりました。
お腹も開けたし、たまたまも取ったのに、エリザベスカラーはしてませんでした。
エルフもあまり、気にしておらず、良かった良かった

1206168.jpg

突然のご報告でビックリされたと思いますが、子供達に教わることばかりのダメ親ですがこれからもよろしくお願いいたします。

エルフを病院に連れて行った日の足元・・・

1206169.jpg
・・・もちろん、おしゃれではありません。
けっこう、平常心でいたつもりなのに・・・
帰ってきてビックリ!
慌ててたんですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ブログを読んでびっくりしました
でも無事に手術が終わったみたいで安心しました
これから暑くなるとワンコにはつらい季節
今まで以上に体調管理をしてあげてくださいね

心配したけど・・

元気そうでなによりですv-238
メールではちょっとv-362だった事も、この記事を読んで
わかりました。
実は、ちょっと先生に不信感を感じちゃっていました・・
が納得v-22
それに、聞こうとしていた去勢手術。やっぱり勧められたんですね。
アタシも、病気で開腹したとはいえ
一緒に去勢手術も考える余裕はなかったかなぁ・・って思っていました。
もしかしたら、ストレスは男の子独自のストレスもあるんじゃないかって
思うんです。
女の子の匂いはかなり遠くからでも嗅ぎ分けられるっていいますから!
ウチのグーも、実は今月末に手術予定です。
歯並びの悪い歯を抜くので、その時に一緒に。

エルフくん、アタシから見ても
とってもイイコですよ〜♪
ストレスも、そんなに気にするほどないように思いますが・・
もしかしたら遺伝性もあるのかも。

もしも、手作り食にするのなら・・
参考にウチのレシピ、今度お会いする時に持って行きますね♪

エルフくん、早くよくなりますように♡

ありがとうございます。

tokiwa様。
いつも、お世話になってばかりで、ご心配をわざわざおかけするようなコメントをブログに載せてごめんなさい。
退院できないのなら面会に行ってもきっと、エルフも混乱するだけだろうと、頭では理解していても、なかなか難しく、tokiwaさんのうさぎ耳エルフを見たら、つい、甘えてしまいましたv-10

環境の変化や寒暖差など、旅行にストレスはつき物ですが、そんなことより、メルちゃんとのびのび遊べる事の方が幸せなはず・・・ってやっぱり信じています。
先生も旅行に行くな!とは仰っておらず、様子を見ながら、というか、そういう目を私が養ってこれからも沢山一緒に思い出作ろうと思っています。

・・・ので、今後もよろしくお願いいたします。

ありがとうございます

kumi♪様。
ご一緒していた旅行の最中でしたし、本当はご心配をおかけするのが申し訳なくて、メールはするつもりはなかったのですが、手術も、普通お昼休みっていうのかな?午前と午後の診療の間にやるって思っていたのが、「慌ただしくやることでもないから、夜にやるけど良い?」って連絡をもらってからは、なんだかそわそわ落ち着かなくなってしまって・・・
仕事中なら気も紛れたのが、夜・・・家の仕事は手につかず、夕飯も食べたんだかどうだったか・・・
あ~、もう、これはkumiさんに相談したい!あきれられても、心配かけても、どうかごめんなさい。って気持ちになってしまったんです。
・・・やっぱり、メール・・・意味不明でしたでしょうか?
先生とは初めて飼った猫の治療でお世話になって15年くらいのお付き合いです。
でも、お隣の方が、動物病院のスタッフをされていて、今回のエルフの処置、CT撮って、開腹は、ちょっと・・・っていうのを、聞くまでは何も不思議に思わなかった・・・
無知な飼い主のせいで、エルフに余計な負担を与えたのかも?と、kumiさんもそう思われたのですね・・・

昨日、退院の際の話で、CTでは写らなかったが、糸が詰まることもある、と私の話をふまえて、思い切って開腹したこと、結果何もなかったのに、負担をかけてしまったこと、申し訳なかったと仰ってました。
私なんかより、どれだけ、開腹手術がエルフに負担がかかるか、もちろん、分かっていらっしゃるんですもんね。

ので、今は何も疑問はなく、本当にありがたかったと思っています。

ストレスは大きなくくりすぎるので、kumiさんの仰るとおり、オス独特のものも大きいかもしれません。
私達の愛情も時には負担かもしれませんし、かといって放っておけばもっと強いストレスになるはずですよね。
去勢手術は私からは出る発想ではありません。
教えてくださって良かった。

グーちゃんも手術するのですね。
また、一緒に遊んでください。
今回の件は本当に色々ありがとうございました。
プロフィール

エルヒヨ

Author:エルヒヨ
40代主婦(家事は苦手です)
旦那さんと息子2人(人間1、わんこ1)と娘2人(にゃんこ1、わんこ1)と横浜に住んでおります。
温泉旅館が大好き!でも予算の都合上、温泉に入れれば、車中泊もキャンプも健康ランドもビジネスホテルもなんでもありな家族です。
よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。